オルニチン 寝起き

オルニチンって寝起き改善に効果あるの?

疲れ

 

疲れが取れない人は肝機能が弱っているかも?

 

疲れているのになかなか眠れないという人や眠っているはずなのにあまり疲れが取れないという人もいるでしょう。

 

寝つきや寝起きが悪いのは肝臓の機能が弱っているからかもしれません。
そこで肝臓の健康を守って睡眠の質を高めたいという場合、オルニチンという成分を摂取すると良いでしょう。

 

オルニチンにはアンモニアの解毒という作用があります。

 

肝臓はこの成分を使って有毒物質のアンモニアを分解しているのですが、
この成分を摂取することで肝臓のサイクルを活性化させることができますし、
肝臓の機能を正常に保てるようになるのです。

 

肝臓の機能が整うことでさまざまな効果を得られると言われています。
すぐに自覚できるのは疲労回復効果であり、摂取することで体に疲れが溜まりにくくなります。

 

 

眠るためにも体力が必要!!

 

疲れている方がぐっすり眠れるというイメージがあるかもしれませんが、眠るためにも体力が必要なのです。

 

肝臓が上手く働かないと体内に蓄積されたアンモニアを解毒することができなくなりますし、
有害物質であるアンモニアが溜まることで疲れを感じやすくなってしまいます。

 

アンモニアが蓄積されたままだと疲れていてもなかなか眠れなくなりますし、
寝ているはずなのに疲れが取れなくなってしまうこともあるのです。

 

肝臓病の症状の一つに睡眠障害がありますし、睡眠リズムが乱れてしまうことも
肝臓の機能が大きく影響していると言われています。

 

寝起きを良くするためにはオルニチンを摂取すると良いでしょう。